English 中文 日本語

 

三蔵法師 —— 心

心を修めれば、大いなる道が生じてくる。 --『西遊記』、第1章

胸を切断している偽の三蔵、陈惠冠による

上記の引用は「西遊記」の最初の行であり、物語の内容が何であるかを教えてくれる。情念は強力であり、私たちは簡単にそれらに執着する。心を育成するのは自分を情念から解放するということを意味する。

機会は注意散漫な思考を生じさせ、思考は空想を、空想は情念を、情念は悪魔を生じさせる。
-- フィロカリア文中、シナイのグレゴリー

「西遊記」のある冒険で、悪魔は、非常な長寿を可能にする金液を作るために、三蔵法師の非常に純粋な心を手に入れようとする。悟空は三蔵法師に姿を変え、悪魔に会いに行く。

それを受けとった偽の三蔵、着物をくつろげ、胸をぐんぐんと張るなり、左手で腹をさぐりつつ、右手にした匕首で、ヒューという音とともに、腹を切りひらいたものです。すると、腹のなかから、どくどくと心肝が流れでてきました。偽三蔵は、そのたくさんの心肝を、血をぽたぽた滴らせながら、ひとつひとつ、えらびだしては、みなに見せるのです。なんと、赤心・純白心・黄心・けち心・貪り心・やきもち心・比べたがり心・勝ちたがり心・高望み心・威張り心・殺したがり心・惨たらし心・怖がり心・用心・よこしま心、それに、名もつけようもない暗い心。 --『西遊記』、第80章

多くの心は、人が持っているたくさんの矛盾する情念を象徴する。「心を育てること」は自分の生活に対して「現在に存在したい」という願望を育てることによって、自分の生活の中で 「プレゼンス」を最も大事にするということを意味する。

情念が追い出されていると、人は天国の状態を理解している。-- 王陽明

自分の頭の中にある戦いを見ているマンジュン、ペルシャの細密画

「現在に存在する」努力をする時に、自分はすべての他の欲望や思考、つまりすべての他の心を置き去る必要がある。 しかし、「内なる神」を目覚めさせる目的を持っていると、自分の多くの部分、特に「本能的センター」はこれに興味を持っておらず、それに強く抵抗するということが分かり始めるだろう。目覚めたい部分とそれに興味を持っていない部分の間で、闘争が始まる。すべての秘教的な教典の中に、人の頭の中で戦争が起きているこのペルシャの絵画のように、人の中にある「複数の<私>」の間の闘争を象徴する、戦争についての一節がある。

天の扉を開くための戦争がある。そのような戦争を戦う運命に生まれた戦士は幸いである。
-- バガヴァッドギーター
師弟の受難はまだすんでいないのだよ。だから、たくさんの神が下界に降臨し、そなたたちに難儀を与えなければならんのだ。--『西遊記』、第66章

三蔵法師は「現在に存在したい」という心の願望を表わす。彼にとって最も重要なことは霊山(プレゼンス)に到達することである。彼はこの目標を達成するためにすべてを放棄することを厭わない。

中国のテレビドラマ「西遊記」の三蔵法師
心が生きていると、あらゆる悪魔が現われる。しかし、それが消滅したときに、悪魔も消滅している。--『西遊記』、第13章
瞑想の沈静は、悪霊を生じさせる。--『西遊記』、第40章

「心が生きている」というのは、「現在に存在したい」という願望とそのための努力を示す。 この願望が現われ、そしてそれからその努力をすると、悪魔、つまりその努力を妨害しようとする思考が現われる。「現在に存在しよう」とすれば、「低次の自己」または悪魔はこの努力をできるだけ邪魔しようとする。なぜならば「高次の自己」が存在すると「低次の自己」はその人を支配できず、受動的になるからである。



下記の引用は40章のタイトルである。この章では、少年の悪魔が禅心と呼ばれる三蔵法師を捕まえる。

少年は禅心を騙す。猿と馬はナイフを持って戻った。木母は空虚である。--『西遊記』、第40章

三蔵は、霊山に向かう途中で何度も悪魔に捕まる。これは、自分が「現在に存在する」努力をする時、別の思考が入り込んで、それに耳を傾けてしまうために、「現在に存在する」願望が消えてしまうことを象徴している。

この妖怪は空中にて一陣の旋風を巻きおこし、三蔵をさらっていきました。 --『西遊記』、第27章

三蔵は悪魔に捕まった。陈惠冠による
私は見つけにくい悪魔の戦士インドラジットである。 私は人目につかず、魔法によって視界から隠されている。 私は邪悪な思考の荒れ狂う風の背後から攻撃をしかける。 -- ラーマーヤナ

邪悪な思考というのは「現在に存在する努力」を中断する思考である。良い思考は「現在に存在すること」を思い出させる思考である。 例えば「現在に存在」している時に「友人が昨日約束を守らなかった」という批判が心に現われたとしよう。もしこの批判している「私」を無視せずこれに耳を傾けるならば、「現在に存在する」努力を全く忘れ去ってしまうだろう。「私は人目につかず、視界から隠されている」というのは「低次の自己」は「現在に存在する」ことと関係がない「私」を生み出すことを意味する。自分を観察することせずに、この思考に耳を傾ける(つまり「視界から隠されている」)と「現在に存在する努力」が停止する。これは気付かないうちに、心理学的な睡眠の状態で起こり、その結果「現在に存在する願望」はなくなる。 三蔵法師に象徴されるその願望は最も重要な願望で、守られなければならない。

心底の地は常に掃き俗なる感情の塵も取り除き輝く毘盧を陥穽に落としてならぬ。--『西遊記』、第50章

心を掃くというのは、「プレゼンス」に無関係の「私」を観察し、それらに耳を傾けることなく、執着せずにこの思考を単に手放しながら「現在に存在し続けること」を意味する。しかし、 三蔵法師は非常に純朴で、悪魔の変装を見抜くことができないので、何度も捕まえられる。この内的な意味は、自分の心はこれらの思考に関心を持っており、その時は、これらに耳を傾けることは致命的だと理解しないということである。悪魔は、「高貴な思考」を表す美しい若い女の子、または「緊急性を象徴する考え」を表現する、助けを必要とする老婆に身を変える。 したがって、三蔵は単独で霊山に到達することはできない。

西方の仏様は、天竺国なる大雷音寺におられますから、ここから十万八千里もの道のりがありますぞ。そちらさまのように、たったひとり、馬一頭で、ほかにお仲間もお弟子もなくては、どうしてたどり着けますかの?
--『西遊記』、第14章

これは「現在に存在したい」という願望は単独では十分でないということを象徴する。悪魔は非常に賢いので、「プレゼンス」を達成するための知識と道具が必要である。

三蔵は霊山に達すると、死すべき体を脱ぎ捨てる。

仏陀が優しく、強く船を突き落した時に、三蔵は恐怖しながら、死体が浮かんで下流するのを見た。「お師匠様、おびえてはいけません。それはあなたです」、孫悟空が言った。「あなたです!あなたです!」猪八戒も言った。沙悟浄が拍手しながら「あなたです!」と言うと、船頭もはやしたてて「そうだ、あなたです!めでたやな、めでたやな!」と、四人は声をそろえて唱和するのだった。 --『西遊記』、第98章

三蔵が死すべき体を脱ぎ捨てるということは、心が情念から解放され「プレゼンス」を達成するための願望しかないために、長く継続する「神聖なるプレゼンス」の状態に到達するということである。


精神
の覚醒を
達成するためには、
その前に心が死亡せねばなら
ない。人が自分の心を死なせること
ができた後に、原初の精神が目覚める。
心を殺すことは、それを乾かし枯れさせる
という意味ではないが、それが分裂しているので
はなく、一つに集まっていることを意味する。 仏陀が
言った:心を一点に傾けるならば、どんなことでも可能になる。
-- 黄金の華の秘密

ピラミッドとコーンの両方が多様性を一体性のポイントに変容することを象徴している。

日本庭園の砂のコーン

エジプトのピラミッド
















第四の道と秘教的な伝統⎟ 日本文化におけるプレゼンスの象徴 神聖なるプレゼンスの技術


英語のウェブサイト: The Secret of the Golden Flower ⎟ The taoist I Ching Being Present First